FPの資格取得を目指している方を応援しています。

ファイナンシャルプランナーの資格取得!FP通信講座ガイド

1級FP技能士

1級ファイナンシャルプランニング技能検定試験は厚生労働省所管の国家検定試験です。1級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験(1級FP技能検定)は、他の試験と違い「学科試験合格 → 実技試験受検・合格」という流れとなります。

学科試験の受検資格として、次のいずれかを満たしていることが必要となります。

●2級FP技能検定合格後で、FP業務に関し、1年以上の実務経験を有する者

●5年以上の実務経験を有する者

学科試験(基礎編、応用編)があり、試験時間は150分ずつです。

●基礎編は、問題数50問、マークシート形式で4答択一式により解答

●応用編は、事例形式の問題が5題出題されますので、記述式により解答

学科試験合格者には、実技試験の受検案内が送られます。

実技試験は、日本FP協会実施のものと、金融財政事情研究会実施のもので、出題形式に差があります。

●日本FP協会が実施する実技試験
 科目は「資産設計提案業務」で120分、事例形式の問題が2題出題され、記述式により解答します。100点満点で60点以上が合格基準

●金融財政事情研究会が実施する実技試験
 科目は「個人資産相談業務」で、口頭試問により行われます。試験時間は半日程度、合格基準は200点満点で120点以上が合格基準

受験料は、学科試験が8900円、実技試験は、日本FP協会実施のものは20000円、金財(きんざい)実施のものは25000円です。

ファイナンシャルプランナーとして活動する人、試験にチャレンジする人というのは、真面目で向上心が強い人が多いです。

「顧客のお金」という大事なものについて、相談に乗ったり、助言をしたりするのですから、真面目さや向上心の強さは、持ち続けることが良いでしょう。実務に必要な知識というのは、2級FP技能士のレベルでも十分と言えるかもしれません。

ただ、実際に合格するまでにはずいぶんと、難関の試験ではありますが「1級FP技能士に合格したい」という熱意を持ち続けることは、とてもすばらしいことと言えます。

ファイナンシャルプランナーの通信講座・人気ランキングBEST3 【 最新版 】
Copyright © 2015 ファイナンシャルプランナーの資格取得!FP通信講座ガイド . All rights reserved