FPの資格取得を目指している方を応援しています。

ファイナンシャルプランナーの資格取得!FP通信講座ガイド

企業内FPと独立FP

ファイナンシャルプランナーは「企業系FP」「独立系FP」の両方が存在します。どちらが優れているといった問題ではなく、どちらも必要な人であり、立場であるといえるでしょう。特定の金融機関や生命保険会社などに属している人を「企業系FP」とし、そうではない人を「独立系FP」といいます。

企業系FPは、基本的には「自社商品の販売を促進するために、FPの知識を得て、顧客への提案力を増す」というために、ファイナンシャルプランナー資格を取得する人が多いです。

独立系FPは、ファイナンシャル・プランニング業務を行うことそのものを業務としており、最終的に何かの金融商品を販売するとか、企業の宣伝をするといったことは、目的としていないFPと言えるでしょう。

独立系FPとして成功されている人にお話を聞くと「医師や弁護士になるのは大変だが、ファイナンシャルプランナー(FP)資格なら、それに比べて簡単に取れる」として、独立系FPを目指した、という人が多いのに驚かされます。

こうした人たちの成功のポイントは「ファイナンシャルプランナーとしての知識を十分持っている」ということ同時に「自営業・独立系として仕事をするということの意味を十分理解している」ということだと感じられます。独立して仕事をするのは、どんな業種でも大変です。

たとえ医者や弁護士であってもです。その点をよく理解されている人が、独立系FPとして成功を収めていくものだ、と感じられます。

ファイナンシャルプランナーの通信講座・人気ランキングBEST3 【 最新版 】
Copyright © 2015 ファイナンシャルプランナーの資格取得!FP通信講座ガイド . All rights reserved