FPの資格取得を目指している方を応援しています。

ファイナンシャルプランナーの資格取得!FP通信講座ガイド

ファイナンシャルプランナー講座・TOP > ファイナンシャルプランナーとは
ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナーという言葉は「ファイナンス」と「プランナー」という言葉を合わせたものです。「ファイナンス(Finance)」は金融・財務・財政という意味です。「プランナー」は計画を立てる人という意味です。

金融・財務・財政の計画を立てる人、それがファイナンシャルプランナーです。ファイナンシャルプランナーが取り扱うのは、基本的に個人のファイナンスです。ファイナンシャルプランナーの役割は「個々人の希望に合わせて、パーソナル・ファイナンシャルプランを策定し、その実行支援と、状況に応じてのプランの見直しを行う」ということです。

ファイナンシャルプランナーの職務には、主に2つの特徴があるといわれています。

それは「顧客の希望するライフデザインを実現するためのライフプランニングが目的である」ということと「包括的アプローチをする」という二つの特徴です。現在「なんとなくお金のことが不安だが、何が不安なのか良くわからない」という状態で、ファイナンシャルプランナーのもとを訪れる人が、驚くほど多いといわれています。

そうした顧客にまずは「資産を増やしさえすればいい」のではなく、「どのような目的があって、どのような生活を送りたいのか」を明確にすることを勧めます。

そして顧客が希望するライフプランを実現するためには、どのくらいの資金が必要で、どのくらいの出費があるのか、どのように資金運用をすればいいのか、ということの、適切な助言、実行支援を行うことが、ファイナンシャルプランナー職務です。

また、ファイナンシャルプランナーの職務のもう一つの特徴である「包括的アプローチ」についてですが、ファイナンシャルプランナーは、金融商品、保険、不動産など、特定の分野について、顧客から相談を受けた場合でも、特定の分野だけにとらわれず「ファイナンスについての全体的、包括的な視野を持つ」ということを、顧客に意識させるということが必要となります。

ファイナンス、そしてライフプラン全体を包括的な視野でとらえる、ということがファイナンシャルプランナーに求められることになります。

ファイナンシャルプランナーの通信講座・人気ランキングBEST3 【 最新版 】
Copyright © 2015 ファイナンシャルプランナーの資格取得!FP通信講座ガイド . All rights reserved