FPの資格取得を目指している方を応援しています。

ファイナンシャルプランナーの資格取得!FP通信講座ガイド

資格の種類

ファイナンシャルプランナーになりたい、という人にとって「資格の仕組みがやや、わかりづらい」という点が、まず初めに戸惑う部分かもしれません。まず、ファイナンシャルプランナーの試験として「二つの系統があること」を押さえましょう。

●ファイナンシャルプランニング技能検定試験は、厚生労働省所管の国家検定試験です。

●日本FP協会が行う、AFP・CFP試験は日本FP協会が独自に発行する国内ライセンスです。
この二つの系統があります。

●ファイナンシャルプランニング技能検定試験
厚生労働省所管の国家検定試験であり、「社団法人 金融財政事情研究会(通称:きんざい)」が実施しています。きんざいが力を入れているのは、金融機関(銀行、証券、生保)などのプランナー養成です。これは、そもそもの「きんざい」の設立目的が、「金融機関の経営・実務に関する調査研究等を行うこと」とされていたためです。ファイナンシャルプランニング技能検定試験は「現在、受験者が持っているファイナンシャルプランニングの能力がどのくらいであるか(1級、2級、3級)」ということを証明するための試験です。

●日本FP協会が行う、AFP・CFP試験
日本FP協会が行う、AFP試験は、日本FP協会が独自に発行する国内ライセンスです。AFP資格は、次の要件を満たすFP技能習得者に与えられます。

・必要な基礎的知識(ライフプラン、金融、証券、保険・年金、ローン、不動産、税金などについて)を有すること
・顧客のニーズに対し、適切なアドバイスができること
・提案書の作成技術を有すること

さらに上位資格としてCFP試験があり、CFPは国際ライセンスです。

この二つの系統の試験は、お互いに受験の条件として補完しあっていたり、連携をし合っていたりします。たとえば、ファイナンシャルプランニング技能検定試験2級の合格と、AFP認定研修修了の両方の条件を満たすことによって、AFPとして日本FP協会に登録することが可能になるといったことがあります。

ファイナンシャルプランナーの通信講座・人気ランキングBEST3 【 最新版 】
Copyright © 2015 ファイナンシャルプランナーの資格取得!FP通信講座ガイド . All rights reserved